オリジナルブレスレット~チャンルー風~その2

着け心地ばつぐん!お気に入りブレスレット

以前作ったチャンルー風のオリジナルブレスレット
とーっても気に入っていつも着けています!
3連なのに思ったよりわずらわしくなく軽いし、チェーンのブレスレットのようにチャラチャラ動くこともなく手首の上で安定しているので着け心地がとてもいいです。
というわけで、色違い、また作っちゃいます!

大人気チャンルー風ブレスレットの作り方

「チャンルー風 作り方」のキーワードで検索してこのブログにきてくださる方が多いので、今回は作り方を写真つきでupしようと思います。

<材料>
・ターコイズ-約6mm 34個-貴和製作所で売っていた1本調度(お好みの大きさや手首の太さによって個数は変わります。)
・メタルビーズ ソフト銀 86粒 (前回のあまり)
・ボタン (前回のあまり)
・こげ茶の革ヒモ-70cm×2本 (実家にあったもの。グニャグニャと曲がった癖が付いていましたが、水で塗らして干しておいたら真っ直ぐになりました。)
・ビーズステッチ専用糸-200cm×3本に切っておく
既に持っている物が多かったので材料費は約1700円!

ボタンをつける

<手順 1>
革ヒモを10cm残して2本まとめて結びます。
10cmぴったりじゃなくても大丈夫!あとで結構切ります。
余裕をみた長さです。

<手順 2>
片方の革ヒモにボタンを通します。

<手順 3>
もう1度2本まとめて結びます。

横から見るとこんな感じ。

後から見るとこんな感じ。

糸を通してパーツをつけていく

<手順 4>
写真で見て上にある革ヒモをA、下の革ヒモをBとします。糸を輪にして革ヒモAに通します。

<手順 5>
糸の端は針に通します。2本取りです。

<手順 6>
針でターコイズを通してBの上に糸がきます。

<手順 7>
次にBの下を通って、もう1度ターコイズに糸を通し、Aの下へ。

<手順 8>
Aの上を通って2個目のターコイズを通してBの上へ。
針が上から下へ行くときはAの上、Bの上。
針が下から上へ行くときはBの下、Aの下。
ずっとこれの繰り返しです。

長くなったのでエントリーを分けます。
続きはオリジナルブレスレット~チャンルー風~その3をご覧ください。

↓他にもチャンルー風ブレスレットの作り方を書いてます!

Gallery

  • キャスケードブーケ&フレンチネイル(マーブル)
  • お花畑に蝶がとまったようなブーケ
  • ラウンドブーケ
  • 真っ白のラウンドブーケ

© Radiantly.