ブーケのお話~パーティー後のブーケの飾り方(バッグブーケ)編~

以前ご紹介したパーティー後のブーケの飾り方はブーケホルダーを使ったブーケについてでしたが、今日はRadiantly(レイディアントリー)の作るバッグブーケの飾り方についてご説明します。
ブーケのお話~パーティー後のブーケの飾り方編~はこちら

1日披露宴やパーティーで活躍してくれたかわいいバッグブーケ。
おうちに持って帰ってきたご新婦様。
ご新婦様から幸せのバトンタッチでバッグブーケをもらったゲストの方。
少し長くブーケを楽しめるようにこんな飾り方をしてみてください!

バッグブーケをのせるお皿を準備します

お花はオアシスという給水スポンジに挿してあります。
その給水スポンジはカラカラに乾いていると思いますので、お水を吸わせてあげましょう。

まず、お皿にお水を張ります。
ケーキ皿ぐらいの大きさがぴったりだと思いますが、なければ大きめのお皿でも大丈夫です。
平らだけど少し水が貯められる深さが必要です。
写真だとわかりづらいですが、お皿の内側の丸の部分に水がためてあります。

グリーンをはずした後はのせるだけ

Radiantly(レイディアントリー)の丸いタイプのバッグブーケは底の部分にグリーンを使っています。
そのグリーンをはずすとすぐにオアシスがみえるので、オアシスが水につかるようにブーケをお皿に乗せましょう。
ちょっと横のお花を抜いてわかりやすく写真を撮ってみました。
ほんの少し、5ミリか1センチかぐらいオアシスがお水についています。
完全にだめになってしまったお花は復活しませんが、ちょっとだけ元気のなくなったお花は水を吸って生き返りますよ。
表面は霧吹きで水をかけてあげるのもいいですね。

 思い出を大切に。。。

ブーケを眺めながら一生の思い出になった二人の大切な日を振り返るのもいいですよね。
準備も大変で、あわただしくあっという間の1日だったかもしれませんが、そこにはたくさんの幸せがつまっているはずです。

Gallery

© Radiantly.