ブーケのお話~花冠(フラワーリング)編~

大人気の花冠。
フラワーリング、フラワーリースと呼ばれることもあります。
小さいとき、家のそばの芝生でシロツメクサの花を編んで花冠を作って頭にのせるのが大好きでした。
女の子はそういうの好きですよね☆
大人になるとお花を頭につける機会なんてほとんどないと思うので、ご自身が主役の披露宴やパーティーにはおすすめです!

花冠(フラワーリング)の商品の記事はこちら

フラワーリングってどうなっているの?
と疑問を持たれる方も多いので、今日は「ブーケのお話」ではないですが、「花冠のお話」をしたいと思います。

花冠とパーツをご用意

納品の際は、花をつなげて輪にした花冠と、1輪1輪にワイヤーをつけたパーツを5輪ぐらい(その時に使用するお花によって変わります)ご用意します。
事前の打ち合わせでどのようにつけたいか、大きさはどれぐらいにするか、ご希望をうかがいサイズを測って制作しますが、当日実際にヘアースタイルをセットした後でもサイズが変えられるようになっています。

長さ調節ができます

花冠は全部の花がつながっているのではなく、長い1本の花の列になっていてそれを丸くしてあります。
その端と端をつなげるのですが、片方にワイヤーの輪が ついていて、もう片方のワイヤーをその輪に入れて折り曲げる仕組みです。

サイズ変更も簡単

そのままのサイズでいい場合、花と花が隣り合わせになる場所でワイヤーを折ります。
納品時はこの状態でお届けします。
パーツのお花はボリュームをつけたい場所に入れたり、左耳上だけに増やしたり、ダウンスタイルの髪に散らしたりして使うことが出来ます。
2次会用に取っておいて、ワンポイントに付けてもいいですよね。

もうちょっと大きくてよかったかも…

髪をふんわりさせたり、カールしたり、ボリュームをつけたり…
打ち合わせした時と当日の髪型は違いますよね。
当日へアースタイルをセットしてみたら、もうちょっと深くかぶりたかった花冠が入らない!
なんてことがないように、ワイヤーの折る位置をずらして長さを長くすることが出来ます。

長くしたところにお花がなくてワイヤーがみえてしまう!
そこでご用意したパーツを使います。
伸ばした分、1輪でも2輪でも、隙間を埋めるように入れてください。
付け足すパーツは長いワイヤー部分にねじって絡めてから輪にいれてもいいですし、花冠を頭にかぶってから隙間に挿してピンでとめることもできます。

かわいさ倍増間違いなしの花冠。
パーティーにいちおしのアイテムです☆

Gallery

© Radiantly.