チャンルー風ブレスレット~さわやかブルー~

オリジナルブレスレット~チャンルー風~

左が2012年に作った当時の初代(笑)チャンルー風ブレスレット。
右の写真は、それが2年経ったもの。シルバーが輝きを失い黒っぽくなってしまいました…このままだともうつけないと思うので、分解して、使えるビーズやパールに何か足してリメイク!と材料を買いに行きました。が、結局全部新しいものを選んでの制作です!

スワロフスキーとストーンに合わせた糸

<材料>
・アクアマリン 4mm 30ヶ (左の透明なブルー)
・パシフィックオパール 4mm 60ヶ (真ん中)
・クリスタル 4mm 30ヶ (クリア)
・革ひも 70cm×2
・平ロンデル 5mm 5ヶ
・ボタン (前回のあまり)
・ビーズ用針
・ビーズステッチ専用糸 ブルー(200cm×3に切っておく)
ボタンと針以外で材料費約2,000円でした。

高級感のでる平ロンデル

今回は輝きを失わないスワロフスキーのビーズだけを使用。ただビーズだけだといかにも手作りっぽい?と思い、アクセントに平ロンデルを入れてみました。
ロンデルとは、円盤状のビーズ全般を指す用語だそうです。
シルバーの土台にストーンが埋め込まれていてキラキラ感が増します。

一度並べて配置を考えてみます

3色のビーズの並べ方と平ロンデルをどう組み合わせるか…何度も並べ直して考えました。並べ方によってだいぶ印象が変わります。
それぞれの色がはっきりわかるようにまとめて使うことに決定!
写真とは少しかわりましたが、
(1) パシフィックオパール10ヶ
 ↓
(2) 平ロンデル
 ↓
(3) パシフィックオパール10ヶ
 ↓
(4) クリスタル15ヶ
 ↓
(5) 平ロンデル
 ↓

(6) アクアマリン15ヶ
 ↓
(7) パシフィックオパール10ヶ
 ↓
(8) 平ロンデル(ここで半分です)
 ↓
(9) パシフィックオパール10ヶ
 ↓
(10) アクアマリン15ヶ
 ↓
(11) 平ロンデル
 ↓
(12) クリスタル15ヶ
 ↓
(13) パシフィックオパール10ヶ
 ↓
(14) 平ロンデル
 ↓
(15) パシフィックオパール10ヶ

途中で巻いてみたところ、前半と同じ流れにすると、手首の上で同じ色同士が重なってしまうので、クリスタルとアクアマリンの順番を逆にしました

さわやかな夏色ラップブレスの完成☆

キラキラで素敵☆お互いの色が引き立てあっています!そして平ロンデルがきいてますね~。作るのも手が覚えていたので、私の場合は制作時間は約1時間でした。
詳しい作り方はオリジナルブレスレット~チャンルー風~その2を参考にしてください。

豊富な材料たち

今回も買い物はすべて貴和製作所です。
行ってみて驚いたのが革ひもの色とビーズ用の糸の種類がすごい増えていたこと!びっくりしたので店員さんに了承をもらい写真を撮らせてもらいました。
前はベージュ、こげ茶、黒、ぐらいしかなかったのに…青、水色、赤、ピンクまで!私はナチュラル系が好きなので今回もベージュの革ひもを使いましたが、白の革ひもに水色系のビーズでもよさそうですね。
糸の色も単色ではなく一本に色々な色がミックスされグラデーションになっているものも売っていました。
組み合わせ次第でたくさんのデザインが楽しめそうです☆

↓他にもチャンルー風ブレスレットの作り方を書いてます。ぜひご覧ください!

Gallery

© Radiantly.