シャネルストーンでオリジナルブレスレット

カットストーンをゴールドで囲んだシャネルストーン。
以前から貴和製作所で見て気になっていたいたのですが、今回ブレスレットを作ってみました☆
シャネルストーンのアクセサリーはアガットや他のジュエリーショップでも売っていましたが2万円とかするんです。
自分で作れば色の組み合わせも自由にできて材料費も約1700円!
とても涼しげな透明感のあるブレスレットに仕上がりました☆

シャネルストーンブレスレットの作り方


<材料>
・ニッパー
・やっとこ(丸)
・やっとこ(平)
・9ピン 0.6×15mm ゴールド 8ヶ
・ヒキワ、板ダルマセット ゴールド
・シャネルストーン ラウンド2カン付 Ltサファイア G 2ヶ
・シャネルストーン ラウンド2カン付 Ltローズ G 2ヶ
・シャネルストーン ラウンド2カン付 クリスタル G 2ヶ
・ガラスシャネルストーン ラウンド 約12×7mm グリーンアメジスト G 1ヶ
・ガラスシャネルストーン ラウンド 約12×7mm ライトピーチ G 1ヶ
・ガラスシャネルストーン ラウンド 約12×7mm アメジスト G 1ヶ
・クリームローズ 4mm 8ヶ(パールっぽい丸いビーズ)

貴和製作所のシャネルストーンは2種類ありました。1ヶで300円のこちらはガラスにメタルフレームを付けたものです。ゴールド部分がアンティーク調でなんとなく高級感があります。

もう一つがこちら。スワロフスキーがはめこまれたものです。石のカットも少し違いますね。ゴールドもつるっとしています。2ヶ入って150円。全部このパーツを使えばもう少し材料費が抑えられますね。

パーツを並べて配置を考える

シャネルストーンとシャネルストーンの間にクリームローズを置きます。写真だとわかりにくいですが、このはっきりとした白ではない柔らかいクリーム色のパールっぽさが甘くていい感じです。ヒキワの両脇のパールは最後に長さ調節で、短かったら使います。

パーツに9ピンをセットする

ピンにクリームローズを通して、ピンを根元から直角に倒します。この作業は指と爪を使って行います。

次に根元から7mm残してニッパーでカットします。

丸やっとこを使ってピンを丸めます。

ここまでの作業はちょっとしたテクニックがいりますが、貴和製作所のお店には解かりやすい図解の説明書が置いてあって無料でもらえますし、HPではコジカの教科書(基本テクニック)というところでみることができます。

つないでいきましょう

シャネルストーン→クリームローズ→シャネルストーン… の順につないでいきます。クリームローズの9ピンの輪を開いてシャネルストーンの輪を入れていきます。このやり方もコジカの教科書で教えてくれますよ。

手首のサイズによってパーツの数を調節しましょう。ある程度つないでみたら実際につけてみるといいですね。好みの長さになったら最後にヒキワをつけます。ヒキワの長さ分も計算しておきましょう。

素敵にできました☆貴和製作所のサイトにもシャネルストーンを使ったレシピがいくつかあったのでそれを参考にしてもいいですね!

Gallery

© Radiantly.