ウエディングブーケレッスン 4 ~ラウンドブーケ~(仕上げ編)

前回のラウンド編で、とてもきれいなラウンドブーケが出来上がりましたね。
そこへ準備しておいたオーナメントを挿していきます。

バランスを見ながらオーナメントを挿す

まずはリボンから。
5本用意したリボンをバランスよく挿していきます。
花と花の間の隙間に、お花を傷つけないように入れます。
前から見たときの横の幅、また、横から見たときには一直線になっていないように気をつけながら挿します。

近くで見るとこんな感じです。
準備したときに巻いたフローラルテープが見えないところまで挿します。
オアシスに刺さる部分のワイヤーにはフローラルアドヒシブというお花用の接着剤をつけてから挿しましょう。

リボンを全部入れたところです。
バランスよく入っていますね。
リボンの長さはパールのオーナメントを入れた後にカットします。

次にパールのオーナメントを挿します。
これも接着剤をつけるのを忘れないように!
リボンと重ならないように間隔をあけます。
お花を挿すときは、オアシスにささる茎の部分は1~1.5cmでしたが、このオーナメントはワイヤー部分4~6cmぐらい、長めに挿してください。
抜けないようにできるだけ深く挿します。
ワイヤーは細いので花の茎にあたらないで入っていくと思います。

パールも全部入りました!
ラナンキュラスのまあるいお花と、パールのつるっとした丸が合ってますね☆
シンプルなラウンドブーケがゴージャスに変わりました。

ブーケ裏側もきっちり仕上げる

すべてのお花、オーナメントを挿し終えたら、ブーケの裏側の処理をします。これもとても大事な作業です。
ゲーラックスという葉を準備します。葉のワイヤーを1~1.5cmに切っておきましょう。
Radiantly(レイディアントリー)では、ここに使う葉はアーティフィシャル(造花)を使っております。
耐水性があり、お手元をよごす心配がないからです。
見た目は本物そのものなんですよ。

ご新婦様が持つハンドル側のオアシスが見えてしまっているので、ゲーラックスで隠していきます。
こうすることでお花を保護して支える働きもあります。
ゲストの方からは見えない部分ですが、こういった細かいところまできっちり仕上げることが大切です。
このあと、ハンドルに白いリボンを巻き付け、バックリボンというものを付けるのですが、明日までお水につけるので、それは当日、納品前にします。

かわいらしいブーケが完成

できました~!
K子さんすばらしい!プロ顔負けの完璧な出来です!
お友達もきっと喜んでくださるでしょう!
ドレスを着てブーケを持った時の笑顔が想像できますね。

Gallery

© Radiantly.