ウエディングブーケレッスン 5 ~ラウンドブーケ~(ブートニア編)

ご新婦様のためのブーケが仕上がったところで、次はご新郎様の胸元に付けるブートニア作りです。

ブートニアというのは、プロポーズのために男性が意中の女性へ渡したブーケ(野の花の花束)の中から、プロポーズを受けますというOKの返事の意味でブーケの中から1本男性の襟元に挿したことが始まりです。

なので、ブーケとお揃いのお花で作ります。

ひとつひとつのパーツを作る

ブーケを作ったときに1本残しておいたラナンキュラスをワイヤリングします。
1本はインソーションメソッド(やり方はこちらを参照)
もう1本はピアスメソッドといって、茎に垂直に挿します。
挿した後は切り口に水を浸したコットンを 巻き付けたあと、フローラルテープで巻きます。

ラナンキュラス1輪と、輪にしたリボンを3パーツ用意します。
ブーケにグリーン(緑の葉物)が入っている場合は、リボンの代わりに葉物を使うとよいでしょう。
今回は統一感を出すために、グリーンは使わず、白でまとめました。
写真にはパールのパーツも写っていますが、あまり目立たなかったので使いませんでした。

組み立ててリボンで飾る

すべてのパーツを使って組み立てた後、まとめたワイヤー部分を白いリボンで巻き上げます。

完成です。
輪にしたサテンのリボンでラナンキュラスの花びらを支えるように周りに添えました。
そしてブーケの下に流したリボンと同じリボンできゅっとちょうちょ結びしてあります。
ブーケの雰囲気と合っていて、優しい感じに仕上がりましたね。

ブーケとブートニアまで、K子さんが心をこめて作りました。
パーティーでは主役のお二人を華やかに引き立ててくれることでしょう!

Gallery

© Radiantly.